まち・ひと・くらし研究会設立にあたって

 この度、町田市の在宅医療・介護を担う

多職種によって『まち・ひと・くらし研究会』が

設立されることになりました。

私たちは

市民を主役とした学びの場を作りたい!

思ったからです。

そもそも、この考えに至るまでには

以下のような経緯があります。

始まりは、

私たち医療従事者が

集まるようになったこと。

在宅療養者を円滑に支えるには

どうしたら良いか?を考えた時に

各職種間の顔が見える関係が無い

ということに気付き

勉強会として集まるようになったことが

キッカケです。

ただ、勉強会を重ねる中で気付きました。

医療従事者である

サービス提供者の連携を

推進することは当然。

しかし、在宅療養サービスの利用者や

市民の存在はどうなっているのか?

顔が見えない。

少なくとも、この勉強会の中では無い。

では、市民の顔が見える

​市民の存在が分かる、とは何か?

 

現代日本は、市民一人一人が

自分らしい人生をどうすれば送れるのか

ということを考える時代になりました。

しかし、その考える、という機会は

正しい発信が無ければいけません。

そして、この町田市で

市民一人一人が

自分らしい人生を送るためには

住み慣れたこの町田の地域づくりが

必要なのです。

地域づくりには、自分たちの手で

街づくりをする必要があって

そのためには市民が自助、共助の意識を

持つことが必要です。

街づくりはすべての市民が対象です

我々は、お子さんからご高齢の方まで

年齢、性別や障がいの有無にかかわらず

市民が主役で、市民が自分の人生を

自分の意思で選択できる街づくりを

町田市の皆様と一緒にしていきたい

と思っております。

私たちは皆様と一緒に考え、学び

そして行動します。

世話人代表
串田一樹
(昭和薬科大学)

Copyright (C) 2018 まち・ひと・くらし研究会 All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now